Contact Us

  • Facebook
  • LinkedIn

【IVC分析レポート】 イスラエル ハイテク企業の2018年第2四半期のディール件数は170件、調達資金は16.1億ドル(前編)

August 29, 2018

キーポイント:

  • 170件のディールで16.1億ドルの資金を調達 (Landa Digital Printing (以下Landa) による3億ドルのディール込み)

  • 2018年上半期は32億ドルの資金を調達

  • 2018年第2四半期に行われたVC主導のディ-ル件数は94件に減少

  • 大型案件 (Landa) の影響により2018年第2四半期全体の26%をシリーズCが調達

  • 最大の資本分配率となったのが人工知能 (AI) 関連企業

イスラエル、テルアビブ 2018年7月23日:2018年第2四半期におけるイスラエルのハイテク企業のディール件数は170件、調達金額は16.1億ドルとなった。Landaの調達した3億ドルは第2四半期全体の19%を占める。

イスラエルのハイテク企業が調達した資金は2018年上半期に過去最高の32億ドルを記録しており、これは2010年~2013年の総額を上回る。Landa分を除いても、2018年上半期の総額は過去10年で最高となっている。

 

表1:イスラエル ハイテク企業の資金調達 (2012年第1四半期〜2018年第2四半期)

 

IVCの調査によると、2018年第2四半期に行われたVC主導のディールは94件で全体の55%を占める。VC主導のディールで8.41億ドル、非VC主導で7.65億ドルの資金が調達された。Landaの資金調達ラウンドの影響で非VC主導の資本分配率は全体の48%まで上昇。過去の四半期ベースの実績と比べ高い数字を記録している。

 

シリーズA企業は第1四半期に目覚ましい実績を上げ、続く四半期も39件のディールで2億ドルの資金を調達した。ミディアムレンジのラウンド (シリーズBおよびC) は47件のディールで8.57億ドルを調達した。これは全体の53%を占める。シリーズCの調達額の増加はLandaの大型案件 (3億ドル) によるもので、これを除くと1.17億ドルとなり大きく減少している。シリーズBは急激な伸びを見せたが、これは一部の高額ディールとディール件数の増加によるものである。IVCの調査では、この期間中に調達された資金の内13億ドル (81%) は収益 (初期収益および収益の拡大) を上げた企業によるものである。

 

Zissman, Aharoni, Gayer&Co. (ZAG-S&W) のマネージングパートナー、Adv. Shmulik Zisman氏は次のように述べている。「イスラエル ハイテク企業への投資の増加は目を見張るものがあります。第1四半期は特に強力でしたが、第2四半期の調達資金も引き続き増加しています。2016年の第2四半期を除けば、今年が過去6年間で最も成果のあった四半期と言えるでしょう。また、海外からの投資も増加していますが、これは自動車技術に関心の高い欧州の投資家に加えて、中国からの投資が増えたためと思われます」

 

Zisman氏は続ける。「今四半期はアーリーステージ (シードとR&D) の企業への投資が前の四半期と比べて減少しましたが、レイターステージへの投資は引き続き増えています。本年度下半期が始まるまでは楽観的に考えています。第1四半期は記録的なものでしたが、続く四半期も調達額は増えており、資金調達の金額の面でもイスラエルのハイテク産業に参入する海外投資家の数の面でも、このトレンドが続くことを期待しています」

 

アーリーステージのディール件数が急減少した1年後にはトレンドが変わることがIVCのデータで示されている。2018年上半期末までにアーリーステージ (シードおよびシリーズA) のディール件数は186件に及ぶ。2017年に18%近く減少したものの、2016年のアーリーステージのディール件数は384件に達した。これと同じ水準で資金調達が続いた場合、2018年はアーリーステージにとって素晴らしい年になることが予想される。

 

IVCリサーチセンターのリサーチディレクター、Marianna Shapira氏は投資家の動向を次のように分析している。「2012年以降、イスラエルのハイテク市場に参入する投資家の数は急増し、2017年にピークを迎えましたが、2018年上半期の数字はすでにピークの60%に達しています。IVCの調査によると、2018年上半期に行われた投資の65%はVCファンドと企業投資家によるものでした。投資企業数も過去4年間にわたって増加しています。近年はさまざまな投資家が、イスラエルのハイテク産業に積極的に参加し、革新的なイスラエルの企業をポートフォリオに組み込むようになっています。イスラエルのスタートアップ企業が現在のような活気溢れる多様な投資家コミュニティーの恩恵を受けるのは初めてです」

 

資料ダウンロード

資金調達だけでなく、「2018年上半期 ハイテク関連イグジット報告書」が以下よりダウンロードが可能。興味のある方はぜひご覧ください。

  
資料ダウンロードはこちら:https://www.jakore.com/materialdl

Share on Facebook
Please reload

特集記事

【事例:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社様】Jakoreバーチャル駐在事務所のサポートで迅速かつスムーズな技術探索が実現。

May 6, 2019

1/3
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload