IP Due Diligence

​IP Marketing

IP Due Diligence/IP Marketing

登録されている特許情報を、Due Diligence(デューデリジェンス)やマーケティングに活用するサービスです。

【IP(知的財産)の観点からこんなことができます】

✔ デューデリジェンス(買収時の企業価値算出などに適用)

✔ 自社の技術に合う提携先候補の抽出

✔ 競合会社の特徴(戦略や体制)分析

正林国際特許商標事務所を通じてサービスを提供いたします。

 プレスリリースURL:https://www.jakore.com/pr-20181002

提携先候補となるイスラエル企業の抽出や技術デューデリジェンスの際に利用することができます

3 Points

大量のデータ

 

特許出願数は、日本だけでも、毎年30~40万件。

海外も合わせると毎年数百万件出願されています。

​企業の技術情報

​特許情報は企業の技術的な本音が反映された特別なデータです。分類やテーマが整理されており、専門家が分析することでデューデリジェンスやマーケティングに活用できます。

正林国際特許商標事務所

1998年設立の知的財産・知的資産の総合サービスプロバイダー。弁理士・弁護士、技術士、総務、管理部門、その他のスタッフが集まり、 知的財産に関するワンストップサービスを提供しています。

Process

Step1

【打ち合わせ】

​要望の詳細をヒアリングします

Step2

【調査/分析】

要望にあわせ特許情報から調査/分析します

Step3

【中間報告】

専門家とともに中間報告を行います

Step4

【納品】

​ご要望に合わせたデータを提出します。

Contact Us

  • Facebook
  • LinkedIn