ユダヤ教版ハロウィン?!Purim(プーリーム)のご紹介

今週はまたイスラエルへ来ているところだが、今週はちょうどPurim(プーリーム)という特別なお祭りの期間なので、紹介したいと思う。

Purimとはどんなお祭りか、簡単に言うとハロウィンのユダヤ教版をイメージすると良いと思う。Purimにあたる一週間は、大人も子どもも皆おのおの仮装していろんなところでパーティーに参加し、楽しむのだ。

道行く人はみんなこんな様子だ。コスプレしていないと浮いてしまうと思う。

歴史的な由来は以下のとおりである(以下Wikipediaから抜粋)。

”ユダヤの賢女エステルの故事にちなむ祭事である。聖書メギッラーの一書である「エステル記」に記されている。

紀元前586年、エルサレムはバビロニアに滅ぼされ、ユダヤ人の多くは「捕囚」となり、バビロニア各地へ強制移住させられた(バビロン捕囚)。ついでユダヤ人は、バビロニアを滅ぼしたアケメネス朝ペルシャの支配を受けた。

エステル記によれば、ペルシャ王アハシュエロスの高官であったハマンはユダヤ人の虐殺を企てた。しかしこの企みは、ユダヤ人を守ろうとする神の意志をうけたエステルおよびモルデカイによって阻まれた。ユダヤ人たちは難を逃れただけでなく、王により、敵対勢力を打倒する許しを得た。戦いが終わった日はのちに祝日とされ、宴を催し、この故事を祝う日となった。”

現代でもPurimはスタートアップのコミュニティーの中でもあらゆるところで祝われている。毎日どこかしらでで催されるプライベートパーティーに顔を出し、楽しむのが一般的である。テルアビブらしくアパートの屋上でのルーフトップパーティーやバーやクラブの一角を借り切って実施するのだ。

しばらく会っていない仲間と再開して情報交換したり、新たな仲間を作る場に最適である。

今回は残念ながら週末を待たず帰国するので、写真は前日までの様子になってしまったが、いかに街をあげてのお祭りかが伝わるのではないかと思う。

いつかイスラエルでこの春の祭典に参加する機会があれば、ユダヤ人の友人たちと心ゆくまで楽しんで欲しい。

まるでハロウィンの夜の六本木や渋谷の賑わいのようだ。

各々好きなキャラクターに扮し、仲間内でカジュアルな会合を楽しむ。


特集記事
最新記事
カテゴリー
アーカイブ

Stay Updated

Contact Us

  • Facebook
  • LinkedIn