JETRO主催:イスラエル・スタートアップ・エコシステムセミナーで講演


7月23日(月)JETRO主催のイスラエル・スタートアップ・エコシステムセミナーに平戸が登壇。

イスラエルに関する講演を行った。

JETROとジャコーレは2018年5月より現地テルアビブのパートナーとして提携を開始。https://www.jakore.com/pr-20180620

JETROにて実施しているJIIN イスラエルIoTミッション(イスラエルへの現地視察ツアー)の告知イベント開催にあたりスピーカーとして声がかかった。

当日は猛暑にも関わらず合計50名程度の方々が参加。大手企業からの参加者が多く、イスラエルスタートアップとの協業を検討している姿勢が伺えた。

平戸からはイスラエルの特徴やシリコンバレーとの違いについて説明。

参加者は真剣に耳を傾けてくれていた。

講演後に会場から以下のような質問があり、それぞれ平戸から回答。

Q. 現在のイスラエルはオーバーバリエーションではないか?また、エンジニアの人件費は高騰しているのではないか?

A. アマゾンが入り込んできており、エンジニアの囲い込みが起きている。そのため、エンジニアの人件費は高騰化してきている。バリエーションについては、シリコンバレーよりかはまだ安い。しかし、企業買収の際には、イスラエル人は交渉上手でふっかけてくるので注意が必要。

参考ブログ:https://www.jakore.com/single-post/ma-investment-in-israel

Q.イスラエルの英独仏との関わりは?

A.ヨーロッパの自動車メーカーは進出してきている。特にセンサー関連の技術に注目が集まっている。投資というよりは実証実験が活発。

平戸の講演以外にも、有識者によるパネルディスカッションが実施され、イスラエル情報に溢れる1日となった。

終了後にはネットワーキングタイムがあり、参加者たちと名刺交換を実施。通常のセミナーと比較して、遅くまで残っている方々が多く、改めてイスラエルへの関心の高さを感じた。

このJETRO企画のDLDツアーはおそらく最安値

特にヤングアントレプレナー枠では飛行機代もジェトロ負担の大盤振る舞い。

まだイスラエルに行ったことのない人にとっては絶好の機会。

このタイミングでぜひ一度イスラエルに行き、雰囲気を感じとってほしい。

申込みはこちらから:https://www.jetro.go.jp/events/sie/fc391c64b3376e36.html


特集記事