【IVC】イスラエルのハイテク業界における資金調達の状況(まとめ)〜2018年第1四半期

2018年第1四半期におけるイスラエルのハイテク企業の資金調達額は計1.52Bドル(約1,600億円):案件数と額共に増加

総論:

· 資金調達案件数は181総額で$1.52Bであった。

· シリーズAラウンドが1/3以上の案件を占めた【57案件、総額$549M(600億円弱)】

· 開発途中の会社への投資が60%増加し、合計すると$451M(500億円弱)ほど2017年の四半期平均を上回った。

· サイバーセキュリティー関連は引き続き伸びており、案件数は2017年第4四半期から2倍になった。

チャート1: イスラエルのハイテク企業の総資金調達額 (2012年第1四半期~2018年第1四半期)

チャート2 - ラウンド別のイスラエルハイテク企業の総資金調達額 (2013年第1四半期~2018年第1四半期)

領域および分野別の資金調達状況

· 領域別ではソフトウェア企業の資金調達が継続して増加傾向にあり、合計$754M(800億円弱)にものぼった(比較 2017年第4四半期:$592M)。

· 分野別で見ると、フィンテック企業の資金調達額が合計$328M(350億円弱)にのぼり、2017年の同四半期と比較すると141%も増加。

· サイバーセキュリティー企業の資金調達は34案件にのぼり2017年第4四半期と比較すると2倍近く増加。これら企業の大半がシードステージおよびラウンドAであり、新たなサイバーセキュリティースタートアップの波が来ている可能性を示している。

· IoT案件は29案件(総額$265M=300億円弱)にのぼり、過去5年の中で最多。

チャート 3: 領域及び分野別のイスラエルハイテク企業の資金調達案件 (2012年第1四半期~2018年第1四半期)

【参考】 米国のハイテク企業の資金調達(2018年第1四半期)

· 2018年第1四半期の米国では$28B(3兆円弱)の資金調達が1,693ものハイテク企業によって行われた(according to PitchBook-NVCA report.)。

· 米国では資金調達総額は上昇傾向にあるが、案件数は引き続き下降傾向にある。

· 米国のエンジェルやシード案件は$1.5B(2,000億円弱)で15四半期継続して安定している。

· 米国のアーリーステージ企業の資金調達額は2018年第1四半期で$9B(9,000億円強)にのぼり過去最高額に達した。

· 米国のレイトステージ企業の2018年第1四半期の資金調達額は$16.7B(2兆円弱)にのぼり2017年第4四半期の$10B(1兆円強)をはるかに超えた

ソース : Venture Monitor Q1/2018 report

引用元IVCサイト:https://nvca.org/research/venture-monitor/


特集記事
最新記事
カテゴリー
アーカイブ

Stay Updated