イスラエルハイテク産業レポート2022年第1四半期




イスラエルハイテク産業レポート2022年第1四半期

イスラエルのテック産業における投資とイグジットに関して、IVCから2022年第1四半期を総括する最新情報が発表された。


2022年第1四半期: イスラエルハイテク産業の全体像

  1. 2022年第1四半期では、金利上昇、地政学的緊張、インフレ加速、景気後退懸念、ハイテク産業への 投資心理の崩壊など、新しい金融秩序下におけるイスラエルのハイテク産業の一面を初めて垣間見る ことができる。

  2. このような状況下で、イスラエルのハイテク産業への投資額と件数が堅調に推移していることは、驚くべきことである。イスラエルのスタートアップは、第1四半期に212件の資金調達ラウンドで56億ドルを調達した(前年同期比3%増)。さらに重要なことは、この素晴らしい数字は、毎月の投資額が5ヶ月間減少傾向にあった後のものであるということである。

  3. 各1億ドルを超えるメガラウンドは、2021年でのハイバリュエーションの要因であり、業界の センチメントに関する先行指標となっていた。2022年第1四半期も、メガディールは資本配分において主要な役割を果たし続けた。今期のメガディールは資金調達総額の44%を占めた。

  4. イグジット面では、2022年第1四半期にIPOを行った企業はわずか7社で、これは2021年の数字から 大幅に減少している。現在の金融情勢では、IPOがいつイスラエルのスタートアップにとって魅力的な イグジットオプションとして復活するかを予測するのは難しい。

  5. ナスダック総合指数とイスラエルのハイテク産業への投資額との間に高い相関関係があることから、 同国のハイテク産業への投資家たちは警鐘を鳴らしている。彼らの懸念は、後発の上場企業が大きく 調整された後、非上場のスタートアップのバリュエーションもそれに追随することだ。 この調整は 5カ月目に入り、場合によっては1年続くことも考えられる。その中でまだこの懸念が現実になるに至ってはない。


 

【目次】

1. イスラエルハイテク産業の投資関連情報

2. イスラエルハイテク産業に関連するイグジット

3. 資本市場におけるイスラエルハイテク産業



本資料「イスラエルハイテク産業レポート2022年第1四半期」は以下よりダウンロードが可能。興味のある方はぜひ確認をしてみてほしい。


無料の資料ダウンロードはこちら:https://www.jakore.com/materialdl

特集記事
最新記事
カテゴリー
アーカイブ

Stay Updated